哲学の旅

おいらわ度々本の世界、精神世界に旅に出ましゅ

今読みふけってりゅのが、↓この本でありましゅ(`・ω・´)ゞ

禅とオートバイ修理技術

かなりボリュームあって中身も結構難解で、じつわこの本を買ったにょわ10年くらい前に遡り

何度か途中まで読んでわ中断ちてまたしばらく経ってかりゃ、最初から読み直し

ってかんじで、また今回も読み出して今わ1/3程読みまちた

とにかく分厚くて辞書並みのボリューム(680ページ)がありましゅ

 本を読むバヤイ、おいら的にわトランス状態になってて

周りの喧噪とかまりゅっきり聞こえてにゃくて

だから、本を読んでりゅときわ至福にょ時間でもありましゅ

哲学と科学と精神世界にょ融合ちた本わ

とにもかくにも、ココロが落ち着きましゅにぇ

とかく哲学や精神世界わ宗教と結びつけられてしまいましゅが

宗教も哲学の一種で、キリスト教の聖書もおいら的にわ

信仰的感覚でわにゃく哲学にょ読み物とちて読んでましゅ

勿論、おいらわみなたまにこれらにょ本を読んでって強要しゅりゅ気わ

更々あまてん

そゆのわそれこそ、宗教にょ勧誘みたいで気持ち悪いでしゅもの

広告
Published in: on 2010年1月25日 at 1:24 am  Comments (6)  

The URI to TrackBack this entry is: https://10psy.wordpress.com/2010/01/25/%e5%93%b2%e5%ad%a6%e3%81%ae%e6%97%85/trackback/

RSS feed for comments on this post.

6件のコメントコメントをどうぞ

  1. 凄いタイトルですね
    さすが!哲学書! という雰囲気
    うちにも一冊 スピノザさんが鎮座ましましているけど
    テンションの高い時しか手を出せない
    美しい文章に触れたい時には 哲学者田中美知太郎を見ます
    (あくまで見る!難解すぎて理解出来ないw)

    で、なんでオートバイと禅なの?

    • スピノザと、田中美知太郎!
      ちょっち調べて余裕にょあるときに読んでみたいでしゅ
      (人´∀`).☆.。.:*・゚

      この「禅とオートバイ修理技術」
      題名がどことにゃく不思議にゃフウイキでしゅよにぇ
      内容とゆうと「真理の探求」でありましゅ(`・ω・´)ゞ

      なぜ、「禅」と「オートバイ」なのか
      著者がバイクで旅をしゅりゅ中で「シャトーカ」とゆう
      「真理の探求」をしていくお話でしゅ
      アメリカにょヒッピーにょ時代の頃が舞台で
      だから、「禅」と「オートバイ」なんだと思われましゅ

      • なるほど!ある意味自分探しの旅なんですね。
        そして禅がzenだとも理解しました
        色々なベストセラーがあるんだね
        ひとつ賢くなったような気がする(・∀・)THX!!

    • そうなんでしゅ!
      ジブン探しにょ本なんでしゅよ!
      世の中が複雑になって、ジブンにょ立ち位置を見失ってしまいがちな現在
      こゆう本わ、指南書とちてとても役に立ちましゅにぇ

  2. ピストン交換した事のあるオイラが(ry
    って、哲学書なんだ~。
    こりゃまた、失礼(ry

    自分で言うのもなんですが、オイラの持っている
    本ってハヤカワのSFか、終わりのない物語のよう
    なファンタジーの類とかが数冊とあとマンがです!!!

    • あ!題名通り、ぢつわバイク修理を絡めて哲学を語ってたりもしゅりゅんでしゅよこの本w
      つまり、どのような状況下でもすべてが哲学ってことでしゅにぇ

      おいらも幼少のみぎり、ハヤカワにょ本読みまちたw
      ファイブスター物語てハヤカワ文庫にょかほりがしましゅよにぇw


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。